お問い合わせ 048-280-1441 受付時間 : 8:30~18:00 (土日祝除く)

無料見積り 太陽光発電、オール電化を
お考えの方ぜひお見積りください。

太陽光発電の導入まで&太陽光発電のQ&A

太陽光発電の導入まで&太陽光発電のQ&A

設置のご検討から発電開始までの流れ
ご相談いただいてから実際に運転を開始するまでをご紹介します。
弊社では、設置後も万全のサポート体制を整えております。
お問い合わせ

当社営業拠点へお電話を頂きます何なりとご相談ください。
現地(ご自宅)調査

お見積りを提出させていただく前に、お客様のご自宅を拝見させていただき、日射状況や、屋根の形状を調査させて頂きます。
主な確認内容
日射状況(方位・影の影響等)
屋根(形状・材質・勾配・寸法)
屋内分電盤(容量)
最適な設計プランニング

現地調査時のデータを元に、建物の様々な条件などから、最適な設備の選定や設置方法などの設計プランを作成します。
<もっとも効率のよい設計とは>

<南面設置が理想です>

<南面設置が理想です>

太陽電池モジュールを設置する屋根面は、最も日射量の多い南面に設置することが理想です。南面を約100%とした場合、東西面それぞれ約85%、東南・西南面はそれぞれ約96%の日射量を得ることができます。

(大阪・傾斜角30°の場合。NEDO全国日射関連データマップより算出。)

<屋根勾配30度前後が理想です>

<屋根勾配30度前後が理想です>

屋根勾配は、30°前後が理想的ですが、±10°前後程度なら発電量はそれほど低下しません。

(北海道は40°前後が最適な勾配です。)

<影の影響がないことが理想です>

<影の影響がないことが理想です>

木や電柱などが周辺にある場合、方角によっては影の影響を受け発電量が低下することがあります。

設置可能な屋根材の種類


※上記、屋根材であっても一部設置できない場合がございますので、弊社にお問い合せください。
屋根タイプ別システム例
切妻屋根
切妻屋根
寄棟屋根
寄棟屋根
陸屋根
陸屋根
入母屋屋根
入母屋屋根
契約締結

太陽光発電システムは、設置工事を伴うため、双方合意の上で、工事請負契約などを締結していただくことが基本です。

<クーリング・オフとは>

お客様が契約の申込み(契約)をされた場合に、その申込み(契約)書面の受領日を含めて8日を経過するまでは、書面により、無条件に契約の申込み撤回(契約解除)を行うことができる制度です。

クーリング・オフ制度の詳細については関係省庁HPをご参照ください。
特定商取引法(経済産業省)へ

「工事・引渡し・連系」
太陽光発電システムの設置に伴う、工事の流れ、そして太陽光発電システムが稼動し始める系統連系についてまでをご紹介しています。
安心の保証制度
お客様に安心して太陽光発電システムをご利用いただくため安心の保証制度をご用意しております。
※安心保障は申し込みが必要です。
※メーカーによって保障期間が変わりますので、詳細は弊社までお問い合わせください。

                          TEL 048-280-1441

このページを正常に閲覧するためには、最新のFlash Playerが必要です。こちらからダウンロードしてください。