お問い合わせ 048-280-1441 受付時間 : 8:30~18:00 (土日祝除く)

無料見積り 太陽光発電、オール電化を
お考えの方ぜひお見積りください。

太陽光発電の仕組み&売電の有効手段

太陽光発電の仕組み&売電の有効手段

どのような「太陽光発電システム」とは
屋根などに設置された太陽電池モジュールに太陽光が当たると発電します。この電気は直流の為、家庭で使用できる交流にパワーコンディショナを使って変換します。パワーコンディショナから家庭の分電盤に接続し、自動的に電気を買ったり売ったりできるというしくみです。
昼間に発電した電気は家庭で利用し、余った電気は電力会社が買い取ってくれます。また、夜間など発電できない時は必要分のみを電力会社から購入し、自動的に使い分けるので、光熱費を節約することができます。
ソーラー発電モニタを利用すると、発電や消費電力の様子など節約効果を目で確かめることが出来るので、暮らしの中で自然と省エネを意識することにつながります。
太陽電池モジュール設置場所の条件について
太陽電池モジュールに及ぼす荷重(積雪、風圧等)に耐える家屋及び屋根構造であることをご確認ください。
設置方位はなるべく南向きにし、設置面積が不足する場合は東西面に設置してください。北面への設置はお避けください。
年間を通じて日陰にならない場所に設置してください。日陰になる場合は発電電力量は少なくなります。
太陽電池モジュールの1系統分は方位角と傾斜角が同一の面に設置してください。また各系統の電圧をそろえてください(電圧差10%以内。「エコノナコード」昇圧ユニット使用の場合を除く)。
塩害が心配される地域、最深積雪量1m以上の地域に設置する場合は販売窓口にご相談ください。なお、太陽電池モジュール上に1m以上の積雪が考えられる条件での設置、または直接海水等が飛散する場所への設置はできません。
太陽電池の原理
1. 太陽光が半導体にあたると、「+」と「-」が発生します。

太陽電池は半導体でできています。半導体の原子は、太陽光があたると「+」と「-」に別れる性質があるからです。この「+」と「-」の発生が、電気をつくりだすための第1段階となります。

2.太陽電池の半導体は、2種類に分けられています。

「+」と「-」がただ発生しただけでは、まだ電気はつくれません。たとえば乾電池のように、「+」と「-」を両極に 分ける必要があります。そこで、太陽電池の中の半導体は、あらかじめ「+」が集まる「P型半導体」と、「-」が集まる「N型半導体」の2種類に分けられて います。

3.「+」と「-」が、別々の半導体に集まります。

「+」は「P型半導体」に、「-」は「N型半導体」に集まります。この段階で、「+」と「-」が両極にはっきりと分けられ、電池として機能する準備が整います。「+」と「-」が、それぞれ別々の半導体に集まります。

4.2つの別れた「+」と「-」の間に電圧が生まれ、半導体が「電池」になります。

乾電池と同じように、「+」と「-」の間には電圧が発生します。そして、「+」の電極となった「P型半導体」、「-」の電極となった「N型半導体」に電線をつなげば、電気を取り出すことができます。

太陽電池の種類と特長
太陽電池の分類
太陽電池の分類
太陽電池の特長

材 料 変換
効率
信頼性 特 徴 主な
用途
単結晶シリコン 豊富な使用実績 宇宙
地上
多結晶シリコン 大量生産に適す 地上
アモルファス 蛍光灯下で比較的よく作動 民生
地上
単結晶化合物 変換効率が高い、高価 宇宙
多結晶化合物 資源量が少ない公害物質を
含むものもある
民生
地上

東京電力

東京電力の電気料金シミュレーション

このページを正常に閲覧するためには、最新のFlash Playerが必要です。こちらからダウンロードしてください。